カード3種類の違いと比較

投稿日:

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、ネットかリアルかに関わらずカードは大きく言えばこの3種類です。

知っている様で知らない、分かる様で分からない違いをまとめました。

支払い方法が異なる3種類のカード

使い方は似ているクレカ、デビット、プリペイドの3種類ですが、決済(支払い)に大きな違いがあります。

クレジットカード
後払い方式、後日指定日にカードと関連付けた金融機関から引き落とされる

デビットカード
紐付けされた金融機関の口座から即時に引き落とされる

プリペイドカード
お財布の代わりでカードにチャージされた金額のみ利用可能、先払い

ポイ活女子
何かが違うの分かりましたが、あっ、いや分かりません~

それではカード別に違いと特徴を説明させて頂きます。

クレジットカードの特徴

クレカ最大の特徴は審査がある&完全後払いと言う事です。
クレジットカードを発行する時に、使った金額をどの金融機関口座から引き落とすのか登録する必要があります。

又、年齢制限があったりカードの種類によっては収入や資産状況で作れない物もあります。

ポイ活女子
引き落とす口座は自分が持っている口座から選べますよね。

そうですね、そして利用した分はその口座から指定日(翌月の月末が多い)に引き落とされます。

つまり、お買い物などで利用する時点で口座にお金が入っていなくても使えるわけで、後払いシステムです。

クレカは審査を通して発行される

クレジットカードは発行前に審査が必ずあります、何故でしょう。

ポイ活女子
考えた事ありませんでした、他のカードは無いのですか?

デビット、プリペイドは事実上無いのと一所です、それぞれの項目で説明します。

クレジットカードは後払いだから、カード発行前に審査があるのです。

コンビニでクレカ払いで買い物をしたとしましょう。
カードで支払ったという言い方をしますが、細かく言うと違います。

コンビニに支払いを行っているのはカード会社です。
利用者は後日コンビニで使った金額をカード会社に支払っているという捉え方が正しいでしょう。

ポイ活女子
成る程、言われてみればそうです、審査と関係あるのですね?

はい、引き落とし口座にお金が入っていなくても使えてしまうのですから、クレジットカード会社にしてみたら利用者を信用出来ないとカードを発行出来ません。

そこで支払い能力がきちんとあるか事前に審査を行い、通過すればカードが発行されるわけです。

審査は信用情報機関に個人の情報が蓄積されていますので、それを参照してカード会社が行います。

審査が気になる方は「クレジットカードの基礎」にまとめてあるので、ご一読下さい。

クレジットカードは便利ですが、利用や支払い状況は全て信用情報機関にまとめて蓄積されていくので、自身の信用情報に傷が付かないよう慎重に使いましょう。

メモ

口座残高を気にしないで使えるので利便性はカード類でベスト
審査があり原則18歳以上(高校生不可)が最低条件
後払いなので使い過ぎには注意が必要
クレカの利用状況は全て信用情報機関に記録されている

デビットカードの特徴

デビットカード最大の特徴は必ず特定の金融機関と紐付けされており、利用と同時にその口座から引き落とされるシステムになっていると言う事です。

例えば楽天銀行デビットカードでしたら、利用と同時に楽天銀行口座から引き落とされる仕組みです。

ポイ活女子
だからデビットカードって頭に銀行名が付いているのですね

仰る通りで、楽天銀行デビットカードなら
楽天銀行VISAデビットカード
楽天銀行デビットカードJCB
の2種類ありますが、引き落とし銀行は楽天銀行のみです。

そして重要なのは利用と同時に口座から引き落とされると言う部分です。
支払いに対して口座残高が不足していれば、使えません。

違う銀行口座に幾ら残高があろうが関係なく、デビットカードに紐付けされている銀行の口座残高範囲内でのみ使えます。

ポイ活女子
わあ、いつも口座にいくら入っているか気にしてなきゃですね

必要な分だけ入金しているタイプの人だとそうなります。
いざ支払いの時に
「このカードはご利用頂けません」
と言われてしまうと、ちょっと哀しいと言うか残念な感じですよね。

ポイ活女子
デビットカードに一切メリットを感じないのですが

メリットはあります、第1には余分な現金を持ち歩く必要がない。
第2に原則15歳以上なら審査無しで誰でも発行可能です。

又、キャッシュカードを持ち歩く必要もなくなります。

但し、該当する銀行口座が必要ですので口座開設の審査に通る必要はあります。

ポイ活女子
一応、審査はあるのですね?

クレジットカードの審査とは意味も内容も違います。
既に口座開設している銀行のデビットカードでしたら無いと言っていいでしょう。
口座を持っていない銀行のデビットカードを作る場合は、口座開設の審査と言うよりは手続きが必要と言う意味です。

口座残高分しか利用出来ないわけですから、特定の銀行口座をカードとして持ち歩くと考えれば分かり易いでしょうか。

メモ

金融機関に紐付けされ発行されているカード
支払いに対して口座残高が不足していれば使えない
原則、審査はなく15歳以上なら発行可能

プリペイドカードの特徴

プリペイドカード最大の特徴はチャージしなければただの紙きれと言う事で、現金を電子マネーに交換(購入)してカードの中に入れ持っているというイメージになります。

お財布にお金を入れる=プリペイドカードにチャージする
と言う意味ですのでカードだけ持っていても中身が空なら使えません。

但し、使い切りで販売されているプリペイドカードもあり、古くはテレフォンカードや図書カード、現代なら購入金額分だけ使えるプリペイドカードがその類です。

例えばコンビニで販売しているVプリカ、GooglePlayギフトカード、iTunesAppStoreプリペイドカード、などが使い切りのタイプです。

使い切り=チャージは出来ない
と言う事ですので、3000円分購入すれば3000円使い切って終了です。

今回はクレカ、デビット、プリペイドの比較がメインなので、チャージ出来るプリペイドカードの話を進めていきます。

ポイ活女子
チャージについてもう少し詳しくお願いします。

プリペイドは英語表記するとPrepaidで前払いと言う意味です。

プリペイドカード(Prepaid card)は日本語にすれば前払いカードとなり、チャージと言う表現を使っていますが実質前払いをしている事になります。

カードの中に先にお金を入れる=前払い=チャージ
こんな感じのイメージです。

チャージの方法はカード事や店により複数あります。
1、店員さんが端末を操作してもらいチャージ
2、店内設置の端末を自分で操作してチャージ
3、スマホやPCでチャージ
4、残高が少なくなったら自動でチャージ

1と2はリアル店舗(実店舗)で行うチャージ方法で代表的なのはコンビニです。

3は場所や時間は問わす、スマホやPCを使いネット上でチャージ可能です。

4は3の発展型でカードの残高が設定金額以下になったら自動でチャージをします。
(関連サービスとの紐付けが必要)

ポイ活女子
プリペイドカードのメリットは?

多くののカードでポイント還元があり、現金払いよりお得になります。
更に決済(支払い)だけではなく、チャージするだけでポイント還元されるカードも複数あります。

審査が一切無いと言うのもメリットになりますかね。

ポイ活女子
誰でも発行可能と言う事ですか!

はい、年齢制限があるカードも一部ありますが親権者の同意(チェックを入れるだけ)程度の事で審査はなく発行出来ます。

ポイ活女子
凄く緩い感じがしますが

本来、チャージした分だけ使えるのがプリペイドカード最大の特徴ですので、発行だけしてカードを持っていても使えないからです。

チャージが0なら正に空のお財布と言う事になります。

メモ

審査はなく誰でも発行出来る
カードにチャージしてある金額分のみ利用可能
管理すれば無駄遣い防止や子供のお小遣い管理にも役立つ

まとめ クレジット デビット プリペイド

3種類のカードの違いと特徴をまとめて掲載します。

クレジットカード
:決済(支払い):後払い
:審査:あり
:年齢制限:18歳以上(高校生不可)
:紐付け:後払い(後日引き落とす)する金融機関口座が必要

カードによって審査の厳しさは異なります。
学生や専業主婦(主夫)でも発行出来るタイプもあり、一定以上の収入が求められるタイプもあります。

何枚所持していても問題はありませんが、利用情報は信用情報機関に蓄積されていきます。

デビットカード
:決済(支払い):利用時に直接口座から引き落とし
:審査:原則無し
:年齢制限:15歳以上
:紐付け:引き落とされる金融機関口座が必要

銀行口座をカードとして持ち歩いていると考えるのが最も分かりやすいでしょう。
キャッシング機能は付いていませんので、口座残高分のみ利用可能です。

ATMでキャッシュカード使うのが面倒、手数料を節約したい方などには便利なカードです。

原則、ポイント還元もありますのでキャッシュカードを持ち歩くよりは確実に節約&お得になります。

プリペイドカード
:決済(支払い):カードにチャージ(先払い)してある金額から引き落とされる
:審査:無し
:年齢制限:実質無し
:紐付け:様々な機関と可能、紐付け無しで使えるカードも複数ある

現金をカード内にチャージ(先払い)した分だけ使えると言うのがプリペイドカードの名目ですが、紐付けによってはクレジットカードとほぼ変わらない使い方も可能です。

紐付け先を所持しているクレジットカードにすれば、実質後払いとなります。
クレジットカードからプリペイドカードにチャージする形です。
(チャージ方法は様々ありますので、カード事にご確認下さい)

クレジットカード会社とプリペイドカード会社の両方からポイントが付きますので、この使い方をしている人が急増しています。

ポイントダブル獲りは嬉しい事ですが、実質後払いになるのでクレジットカードを使っている意識が大切です。

プリペイドカードは審査がなく気軽に誰でも発行出来ますが、カード事に特徴が大きく異なりますので利点を理解して使うのが重要です。

自分に合うカードを見つけましょう

3種類のカードの違いさえ分かれば、ご自身の生活スタイルに合わせて利便性の高いカードを発行し使っていけるようになります。

ちなみに携帯端末(スマホ)に入れて使うカードも仕組みは同じで、バーチャルカード、スマホカード、カードアプリなど表現方法が違うだけです。

リアルに発行されるカードのスマホ版だと認識して下さい。

クレジットカード、 デビットカード、 プリペイドカードを上手に使い分けてキャッシュレス社会を生き抜いて行きましょう。

最後まで記事の閲覧、ありがとうございました。

 節約とお得の生活知恵袋 「目次」へ戻る

Copyright© 修行の道 , 2020 All Rights Reserved.