なむあみだ仏っ!五智如来と明王の動画

なむあみだ仏っ!さよなら企画、五智如来&五大明王の結神通動画です。

ゲーム内では六大明王になっていますね。

大日如来、無量光寿如来(阿弥陀如来)、阿閦如来、宝生如来、不空成就如来の順番に編成しそれぞれの如来に対応する形で、

不動明王、大威徳明王、降三世明王、軍荼利明王、金剛夜叉明王、(烏枢沙摩明王・台密)の順に明王を編成しました。

仏尊&仏像のちょこっと解説

五智如来&五大明王はそれなりに作例(仏像)がありますが、どちらかと言うと曼荼羅の世界でしょうか。

五智如来

曼荼羅には様々な種類がありますが、なむあみで土台となっているのは金剛界曼荼羅です。両界曼荼羅のもう片方、胎蔵界曼荼羅ですと如来の尊称が変わります。

金剛界五智如来の一尊である無量光寿如来は阿弥陀如来と同体と言われています。

仏像を拝ませて頂くと、五仏ともほぼ同じにしか見えません。

大日如来を中心に東:阿閦如来、南:宝生如来、西:無量光寿如来(阿弥陀如来)、北:不空成就如来と覚えておくと良いでしょう

五大明王

真言密教系だと
不動明王、大威徳明王、降三世明王、軍荼利明王、金剛夜叉明王
の五尊。

天台密教系(台密)だと
不動明王、大威徳明王、降三世明王、軍荼利明王、烏枢沙摩明王
の五尊となります。

なむあみうてなでは金剛夜叉明王、烏枢沙摩明王のどちらも実装されましたね。

仏像としての作例は真言密教系の五大明王の方が圧倒的に多いです。

不動明王

大日如来が怒りに震えると不動明王に変身します。

と言ってもそれは慈悲から来る怒りで、攻撃する為ではありません。

凄く怖い表情をしていますが子供のような体つきをしていたり、基はインドの奴婢階級の容姿がモデルになっていると言われています。

優しい端正な姿では救えないような衆生であろうが、どんな手段を使ってでも救ってやる!と言う決意のお姿と言えるでしょう。

五大明王よりは独尊として祀られている事が多く、仏像や仏教に興味がない人でも一度は何処かで出会っていると思います。

ゲーム中では童形として描かれていました。

降三世明王

阿閦如来が怒りに震えると降三世明王に変身します。

降三世(ごうざんぜ)の由来は過去、現在、未来と三世の煩悩全てを焼き尽くし消滅させるからとも、三界の王(と自ら宣言していた)であるシバ神(大自在天)&ウマ妃を調伏し仏界に引き込んだからとも言われています。

仏像的には足元にシバ神&ウマ妃を踏みしめているお姿が基本で、神さえ調伏し救い上げると言う強い意志を感じます。

ゲームではただのケンカ好き?で余り人気が無いキャラでしたが、こういった由来を知るとまた見方が変わるのではないでしょうか。

ちなみにシバ神(大自在天)は摩醯首羅王でもあり、なむあみにも実装されています。

軍荼利明王

宝生如来が怒りに震えると軍荼利明王に変身します。

蛇のエネルギー(気)を神格化した言葉が軍荼利の語源と言われており、仏像にも蛇が巻き付いているお姿が基本です。

煩悩を含めた目には見えない様々な障害から守ってくれたり、消滅させる力を持っています。

ゲーム内では蛇のイメージからか、ねちっこくて嫌味っぽい性格で表現されており少し残念でした。

まあ継続されていけばイベの主役になる事もあり得たでしょうし、キャライメージ一新される可能性がありましたが終わりですからね~。

大威徳明王

無量光寿如来(阿弥陀如来)が怒りに震えると軍荼利明王に変身します。

仏像としてお姿はとてつもなく特徴的で一度でも拝めば忘れる事はないでしょう。

6個の顔、6本の手と足、そして水牛に騎乗しています。

6足でどんな場所にでもシッカリと立つ事が出来(正直、微妙な気もしますが)る&騎乗の水牛はどんなぬかるんだ泥道でも一歩一歩確実に前進出来る、そんなドッシリとしたイメージと言えます。

この6は六道、六種類の神通能力、六波羅蜜を表現しておりどんな苦難にも負けず、確実に目標に向かって進んでいく力強さを表現したものです。

なむあみ内での大威徳明王も落ち着いてドッシリとしたキャラ設定になっていますよね。

金剛夜叉明王

不空成就如来が怒りに震えると忍者に・・・いや違った、金剛夜叉明王に変身します。

5つの目と6本の手を持ち躍動感あるお姿の仏像が多いです。

目には見えない全ての不浄を取り除く能力があり実は烏枢沙摩明王と対を成す存在でもあります(次項参照)。

ゲームの中では忍者&英語好きなキャラ設定となっていましたが、目に見えない不浄を浄化出来る能力が転じて自分が人(仏)から見えにくい、影が薄い存在=忍者と言うイメージなのかもしれません。

だとしたら考えて作り込んだキャラ設定ですよね、英語は・・・謎です。

烏枢沙摩明王

金剛夜叉明王同様、不空成就如来が怒りに震えると烏枢沙摩明王にも変身します。

えっ!どっちも不空成就如来っておかしくない?

いやいや、そんな事言ったら五智如来は全て大日如来が変身した仏尊ですから全員が大日如来?!とも言えるわけでして(密教系を基準にした時の説です)。

目に見える全ての不浄を焼き尽くし浄化する能力を持つのが特徴で金剛夜叉明王と対になっていると分かります(見える担当と見えない担当)。

又、お産後の弱った女性の体を守り回復を手伝ってくれる明王でもあります。

なむあみでは綺麗好きで掃除大好きなキャラ設定となっていますが、不浄を徹底的に嫌う明王ですからイメージ通りと言えるでしょう。

トイレの神様として知っている人も多いかと思います。

不浄を嫌う明王が何故トイレ?と思われるかもしれませんが、トイレは汚れやすく魔物などの侵入口になっていると言われ、その汚れ(不浄)を烏枢沙摩明王に喰らい尽くしてもらおうと言う事です。

但しこれを烏枢沙摩明王にお願いするなら、人間自らが常にトイレをしっかりと掃除し清潔に使うと言う心構えと行動が自然と必要になりますよね。

なむあみだ仏っ!さよなら企画に戻る

なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-」攻略目次へ戻る

© 2021 修行の道