戦国武将姫MURAMASA乱 合戦の基本

2017年4月3日

MURAMASA乱は合戦力、戦闘力、行動力の3つを使いゲームを進めて行きますが、最も大事で基本となるのが合戦です。
もちろん合戦に勝つ事を目的としますが、同時に戦闘力&行動力も回復します。

合戦は合戦力を25消費して行います。
(無課金で築城出来る大阪城を始めとし、築城イベ、課金ガチャなどで入手可能な合戦力消費をマイナスにする「お城ちゃん」も複数存在します)
消費した合戦力は時間で回復します(5分で10戻る)。
時間以外で回復させる場合は米俵(大小)、おにぎりの合戦力回復アイテムを利用します。

合戦の仕組み

合戦は10ターン制で行われます。
先に全滅させた方が勝利、10ターンが終わり勝敗が決しない時は「残りカード枚数が多い方が勝利」、同数の場合は「残りHPが多い方が勝利」となります。
ちなみに、両者同時に全滅した場合は自軍の負けとなります。

合戦は合戦デッキを使い行い、10人の大将(武将)をデッキに組み入れる事が可能です。
合戦デッキ編成画面は、トップページ>武将で入れます。
この図では初期の為、4人しか武将がいませんが上下2段に分かれています。
上段を前衛、下段を後衛と言いこの配置は武将の「兵種」や「スキル」「副将」の位置などにより、意味を持ちます。

兵種による有利不利

・歩兵は「騎馬」に対して有利、前後衛どちらにも攻撃するが、後衛攻撃はダメージ減少
・騎馬は「遠隔」に対して有利、前衛のみに攻撃可能
・遠隔は「歩兵」に対して有利、前後衛どちらにも攻撃
・前衛が全滅した場合、後衛が前衛として扱われる

属性による有利不利

・「凛」「艶」「愛」の3種類があるが配置や相互間の有利不利はない
・スキル攻撃には属性によるアップやダウン(バフデバフ)を行う物もある

合戦場による有利不利

・合戦場は全部で5種類ある
・基本となる「軍場」では兵種によるアップダウン(バフデバフ)は無し
・他の4場では兵種によりステータス値に補正がかかり有利不利がある
「山岳~歩兵にプラス補正がかかる」
「あぜ道~騎馬にプラス補正がかかる」
「つり橋~遠隔にプラス補正がかかる」
通常攻撃と攻撃スキルのダメージが1.5倍にアップ
行動速度が1.5倍にアップ
攻撃力、防御力、知力ステータスアップ
「月の狭間~兵種ランダム」
特定の兵種の通常攻撃と攻撃スキルのダメージが2倍にアップ
特定の兵種の行動速度が0.5倍にダウン
・属性には補正がかからないので、全ての合戦場で有利不利はない

合戦の基本的な説明は以上です。
ただ、自分で書いておいて言うのも何ですが、この辺は大体&何となくで覚えておけば十分です。
理由は
合戦は全てオート、始まれば見てるだけ
合戦場も開始時にランダムで決まるので、合戦場に合わせてデッキを組むことは出来ない
この2点があるからです。

但し、奥義やスキルによって前衛、後衛の位置が大事になりますし、大将と副将の位置関係は重要ですのでこの2点は抑えておきましょう。

戦国武将姫MURAMASA乱 攻略目次へ戻る

© 2021 修行の道