神獣入手と育成方法

2019年3月26日

プレイヤーレベルが50になり普通戦役クリアで神獣機能が解放になります。
「主城」MAPに飼育場を作り、「世界」MAPで狩りをして祭儀素材や育成素材になる獲物を入手します。

先に個人の意見を書いておきますと、金貨をジャブジャブ使わない限り育成に最も時間がかかるのが神獣機能です。

かと言ってデイリー任務やログインボーナスで貯まる金貨を神獣育成につぎ込む気にはなれません。武将入手と育成に使っていれば神獣に廻す分はありませんから。

よってマッタリ育成で十分だと思います。
神獣育成に金貨まで使うとなると毎月、数万~10万円単位の課金が必要でしょう。そこまで余裕があるプレイヤーさんが羨ましい~。

神獣入手と育成の概要

まず最低限押さえておきたい事です。

・神獣レベルはプレイヤーレベルと同期している
プレイヤーレベルが70なら神獣レベルも70までしか上げられません、武将と同様です。

・神獣の種類は全部で13種類ある+1
まず祭儀で入手出来るのは10種類です。
白狐、青鹿、玄武この3種類は上級神獣のエサで、育成する必要はありません。
黄色等級の老君牛、金毛獅王の2種類も後々はエサなので、育成の必要無しです。
赤等級の独角獣、四不象の2種類も後々はエサなので、育成の必要無しです。
(初期の頃、黄色や赤色は入手出来ると嬉しいですが余っている枠に放置でOK)

紫等級の鳳凰、麒麟、紫龍は育成する価値ありですが、なるべく紫龍にしましょう。
次点で麒麟、もし紫龍を先に入手出来たら麒麟でさえ放置でOKです。

「帰主化」させた紫等級の鳳凰、麒麟、紫龍をマックスまで育成すると進化が可能になり、それぞれ古代鳳凰、古代麒麟、古代紫龍になります。

これで神獣全13種類です。
古代神獣は祭儀で入手する事は不可能ですが、イベントなどで直接入手出来る事もあります。

オマケ:
他に謎の1種類があり「食食」で本当の漢字は食の上に冠が付いていますが、読み方さえ分かりません。等級は上級ですがスキル枠が1つしかなく、使い道がありません。

・呑食(エサ食わせ)で上がるのはレベルのみ
呑食で上げられるのは神獣自身のレベルのみで、スキルレベル上げには精錬を行う必要があり、神獣装備のレベル上げは帰主化しないと実行出来ません。

これらを踏まえて、紫等級の神獣を例に解説していきます。

祭儀を実行し神獣を入手する

神獣を入手するには祭儀を実行します。
画面下部の「神獣」アイコンか上部の「祭壇」アイコンをクリックすると開きます、祭儀タブをクリックすると狩りをする獲物と必要数が表示されています。
大国戦祭儀この画像ですと「鶏を100羽集めてこい」という指示です。
慣れない内は世界MAPの何処に何がいるのか分からないと思いますので、鶏をクリックしてみましょう。

自動で生息場所を表示してくれます。
まず自国の生息場所が優先され、自国に無い場合は最も近い生息場所が表示されます。
自国の場合は該当場所へ行きクリックすれば狩りが始まり、敵国である場合はまず占領してから狩りを実行します。

:狩りと獲物について:
獲物は全部で9種類いて北部から猪、狼、虎、鶏、ワニ、孔雀、鷹、鰹、海老、大体こんな感じで分布して狩場があります。

又、国ごとに取りやすい獲物が分かれています。占領してからの狩りは面倒なので、自国領土が広い時に狩り&祭儀を行うのがお薦めです。

猟場には☆1から☆3まであり、☆3の狩場が最も数が多く獲れます。
但しこの数はプレイヤーレベル(官職)や使う武将によって変化しますので一定ではありません。
官職は上の方がいいですし、狩り時間が短い程多くの獲物を獲得出来ます。

祭儀で余った獲物は「飼育場」に自動で保管されますが、保管数に上限がありそれを越えると祭儀(狩り)が行えなくなります。

その場合飼育場の獲物を売却するか、金貨を使い飼育場を広げるかの2択です。
「飼育場」タブをクリックすると飼育されている獲物の種類と数を確認出来ます。

必要な獲物&数が揃うと祭儀が行え、神獣獲得となります。
祭儀条件が難しい程、等級の高い神獣が入手出来ます。
大国戦神獣祭儀「女禍」先ほどの鶏100羽と比べると、必要な獲物の種類&数が大幅に増えています。
この場合は祭儀を実行すると赤色等級の神獣が獲得出来ます。(独角獣か四不象)

画像に5人の神がいますが、光っている神に対応した神獣が入手出来る仕組みです。
真ん中の「西王母」なら黄色等級、その右の「女禍」なら赤色等級、一番右の「伏義」なら紫等級、と言った具合です。

400回祭儀を行う間に必ず「伏義」の文字が光り、紫等級の神獣を入手出来ますのでひたすら祭儀を繰り返しましょう。

伏義が出ると回数がリセットされ0からカウント開始、再び400回以内に伏義が出ます。
(実は最初の画像、400回到達し伏義を選択出来る状態です)

ちなみに祭儀ボタンの左に「金貨祭儀」のボタンがあります。
10金貨を使えば狩りをする必要なく、自動で祭儀が行えますが敢えてお薦めはしません。

それでは入手した神獣の育成についてです。

神獣のレベル上げ

「育成タブ」をクリックすると呑食の画面が表示されます。(次項画像参照)
神獣のレベルを上げるには、祭儀で獲得したいらない神獣&経験値獣をここで呑食(食べさせる)させます。これを繰り返すのみでレベル99まで上げる事が出来ますが、ビックリする程上がらないので祭儀を繰り返しながら地道にレベル上げをしましょう。

プレイヤーレベル54になると「神獣の試練」が解放されますので、「試練」のタブをクリックして実行すれば1日5回無料で経験値獣などが入手出来ます。(但し何が入手出来るかはランダム)

神獣のスキルレベル上げ

スキルのレベル上げも「育成」で行います。
大国戦神獣精錬スキルレベル上げを行いたい神獣を右の一覧からドラッグして輪の中心に置き、「精錬」をクリックすればOKです。

無料分は1日3回貰えますが貯まる上限は20回分までで4日間以上何もしないと無料分は無駄になってしまいます。又、周りにスキルが載っていますが精錬で上がるかどうかは運です。

ここで一覧にいる神獣や経験値獣をクリックすると「呑食」(エサ)になるので消滅してしまいます。ロック機能が付いていますのでエサにしたくない神獣は念の為ロックしておきましょう。

ちなみに画像で金貨マークが付いている部分は枠として未開放の状態です、2金貨で1枠解放出来ます。

神獣の装備レベル上げ

神獣装備のレベル上げのみ「神獣」画面ではなく「武将」画面で行います。
武将アイコンをクリックし武将を選択したら、神獣タブをクリックして下さい。

装備のレベル上げには大前提がありまして神獣を「帰主化」させる必要があります。
帰主化しない限り、装備レベル上げは実行出来ません。

:帰主化とは?
簡単に言うと特定武将の専用神獣になると言う事です。
例えば劉備に帰主化させた神獣は劉備しか騎乗出来ません。
劉備は神獣の乗り換えが可能ですが、帰主化済神獣は他の武将が騎乗する事は出来ません。

帰主化させたい神獣を選択し「帰主」をクリックすれば完了します。

帰主化したら神獣装備を装着してレベルを上げていきます。
大国戦神獣装備レベル上げ神獣装備は全部で4種類あり左から鎧、手綱、鞍、兜です。
レベル1から始まり上限はレベル50です。
レベルを上げる為には同素材が必要で紫等級の鎧を1個入手出来れば鎧のレベルを2に上げられます、手綱を入手すれば同様に手綱のレベルを上げられます。

同じ種類の装備であれば、下位等級装備を代用出来ますが価値が違いますのでご注意。
紫等級装備1=赤等級装備3=黄等級装備9
となっており、黄等級装備9個で紫等級装備のレベルを1上げる事が出来ます。

神獣装備の入手場所はプレイヤーレベル53で解放される「競技場」がメインで、常時入手可能なのが商店の金貨ショップ&勲功ショップ、その他ではたまに開催されるイベントです。

神獣を進化させる「進化薬」と「解放石」も上記の場所で入手します。

一応、装備レベルを1上げるのに銀貨300も必要となります。

神獣入手と育成のまとめ

紫等級の神獣を入手する事は難しくありません。
ただご覧頂いた様に育成に膨大な素材が必要で、無課金微課金だと時間がかかるのは仕方ないでしょう。

特に帰主化して装備素材、進化薬&解放石を集めるには「競技場」に参加しないと厳しいです。毎日15時と22時に開催されますが2回とも参加出来る人は少ないでしょう。

金貨ショップで購入すると進化薬&解放石は1個につき5金貨します。
紫神獣を古代神獣に強化するには両素材が800個ずつ必要なので計8000金貨で16000円分となります。

鎧や手綱など装備素材は1個50金貨、4種類あり50個ずつ必要なので計10000金貨で20000円分となります。

合計36000円使えば、あっという間に紫神獣の強化が完成して残りはレベル上げだけです。

神獣には一切金貨を使うつもりは無いので、競技場何とか1回参加と勲功ショップで1日1個ずつ仕入れてチリツモ作戦で育成中。

大国戦攻略目次へ戻る

© 2021 修行の道