ヴォルジガンテ極攻略

少女とドラゴン神話クエストにヴォルジガンテ極が実装されました。
これで「極」シリーズ3本目ですね。

一応、初見クリア出来ました。
と言っても、普段ヴォルジ相手に使っているサクヤ組で突入しただけですので自慢にはなりません。

ヴォルジガンテ極 攻略概要

まず1WAVE~3WAVE全員が火属性なのは変更無しなので、火属性キラー有効です。

・速度が全体的に上がっているので動き出しが早い
・1の祝福は一体のみ
・ヴォルジガンテはほぼ2回行動
・相手ユニットは潜在解放済み

こんな感じです。
ヴォルジの攻撃は相変わらず単体突進(麻痺付き)ですが、他に連撃持ちが複数いますので1の祝福で耐久するのは簡単ではないでしょう。

ヴォルジガンテ極1WAVE

ヴォルジガンテ極1

アテナ、ウィルオウィスプ、スクエア、メシエノーツです。
潜在解放アテナ速いですね。
初手がほぼカウントダウン攻撃なのが救いでしょうか。
1の祝福持ちはいません。

ヴォルジガンテ極2WAVE

ヴォルジガンテ極2

フローゼ、メシエノーツ2体、ジョゴス、です。
ジョゴスが1の祝福20を所持、サクヤ組だと連撃持ちがいないので削るのが面倒ですが、事故は起きません。

フローゼはほぼ2回行動ですが、短縮を使ってくるのでCT3の連撃打たれる前に倒せばOKです。

ヴォルジガンテ極3WAVE

ヴォルジガンテ極3

ヴォルジガンテ、イガイガ、サシャ、4連岩です。
まず4体とも硬いです、防御力が高いという意味ではなくHPが豊富。

2回行動してくるヴォルジとサシャが単体高火力で、イガイガと4連岩は速くありませんが連撃持ちです。

特にサシャの単体攻撃は「樹属性」ですので、属性対策として水で固めていると一発で持っていかれます。

クリアパーティー適正キャラ考察

まず素浪人の初見クリアPTは
リーダー:コノハナサクヤ光(アタッカー)
ハーメルン光(傀儡役)
プライヤ水(短縮役)
テイル火(ギガバフ&クリバフ役)
フレ枠:ドロ大カリ99
でした。

典型的なサクヤ組で何の工夫もありません。
動き出しは、
テイル→プライヤ→ハーメルン→サクヤ
で速度調整してあります。

テイル&プライヤは先制持ちですのでWAVEの動き出し1ターン目は
テイル(先制)→プライヤ(先制)→テイル→プライヤ→ハーメルン→サクヤ
となります。

2WAVE終了までは楽勝ですが、このPTでもラストは運ですね。
サクヤ&テイルは祝福で耐えられますが、プライヤ&ハーメルンは一発で終わりです。

初見はたまたまヴォルジ突進がテイルに対してで、麻痺りましたが大丈夫だっただけです。

つまり「安定クリア」ではありません。
いわゆる「運ゲー」でのクリアです。

さて、適正ユニットですがアタッカーは火属性キラーを押したくなります。
最適性はコノハナサクヤ光と言いたいですが、自分が「運クリア」なので如何とも。

ステラ水あたりと組ませればいいのかどうか、持っていないので試せませんが。

ローラン闇も火属性キラーですが所持していないので試せないし、「ラッシュ」キャラですからね~間に合うのかどうか。

タイプキラーはヴォルジに刺さらないから、押しにくいですよね。
アーチャーが5体いるので試すならアーチャーキラーでしょうか。

ヴォルジガンテ極のまとめ

この「極」シリーズ、周回してまで潜在解放したいとは思わないので特に興味がありません。

ドロップする装備も通常の神話ヴォルジガンテと一所です。

もう一工夫出来ないものでしょうか?

少女とドラゴン~神話クエスト攻略~へ戻る

「少女とドラゴン~幻獣クリプトラクト0から攻略」目次へ戻る

© 2021 修行の道