特殊能力一覧と効果

2018年5月26日

特殊能力の一覧です。
FS(フォーススキル)と共に少女とドラゴンでは重要な能力です。

タイプキラーと属性キラーと特殊キラー

タイプキラー
キラーと単純に言う時はこのタイプキラーの事です。(神キラー、英雄キラーなど)

又、一部例外はありますが神話ユニットにタイプキラーは刺さりません。

キラー  ダメージ1.5倍
キラー強  ダメージ1.7倍
キラー滅殺  ダメージ2.0倍
キラー極 ダメージ2.3倍

属性キラー
属性キラーは、対象属性に対して全て通ります。

光属性キラーなら光属性の相手に対して、ダメージ1.5倍の効果があります。(属性キラーに強や滅殺はありません)

属性は5つしかありませんので、タイプキラーに比べて幅広く使えます。又、属性キラーは神話ユニットにも刺さります。

特殊キラー
極光の盾キラー、1の祝福キラー、再生キラー、先制キラーなど相手の特殊能力に刺さるキラーです。

キラーダメージは1.5倍で属性キラー同様、神話ユニットに刺さります。

攻撃系と耐性系の特殊スキル

攻撃系
例えば麻痺攻撃と書いてあれば通常攻撃をした時に、対象相手を麻痺状態に出来るかもしれないと言う事です。

麻痺、石化、呪い、キューコン化など色々ありますが確率は低いのでオマケ程度と承知しておきましょう。

耐性系
例えば石化耐性と書いてあれば相手に石化FS攻撃を受けた時に、石化する可能性が下がると言う事です。

必ず回避出来るわけではなく、あくまでも確率が下がると言う意味なのでご注意を。

一方、属性耐性は必ず被ダメージが下がります、火属性耐性と書いてあれば火属性の攻撃を受けた時に確実に被ダメが減ります。

特殊能力五十音順

暁の盟約
五帝のみが所持する有難くない特殊能力。
毎ターン一定割合自動ででHPが削られていく。

1の祝福
HPが0になった時に蘇ります、但し蘇った時のHP量は1です。例えば「1の祝福5」と表記されていれば5回蘇ります。

被大ダメージ(ブッパ)対策として有効な能力ですが、逆に連撃をくらうと防御力が低いので簡単に落ちます。

祝福の数は各WAVEで全回復しますので相手が高火力だけど連撃はいない、と言うタイプのクエストやイベで最も活躍します。

闘技場やデュエルでの連勝用としても有効です。

円環
ユニットが戦闘不能から復帰した際にスキルのクールタイムが回復状態となり、確定行動が出来る。

会心の陣
所持キャラがフィールドにいる時、クリティカル率アップが付与されている味方キャラ攻撃力を2.5倍アップする。(チェンジ枠に下げると無効)

極光の盾
バリアの一種です。
例えば「極光の盾5000」と表示されていれば、被ダメージが5000以下の攻撃なら、ダメージは0になります。

逆に5000を超えた場合まともにダメージをもらい、極光の盾も消えます。但し、該当ユニットの順番になれば盾は復活します。

打消しや、吸い込みFSでも消されてしまいます。

孤軍奮闘
場の味方の数が少ないほど与ダメージが増大する。

語法結界
最初のターンにHPを全回復し、付与効果は全部解消される。
HP全回復は有難いのですがバフなどのプラス効果もリセットされます。(デバフも解消)

コンバート
自分が受けたダメージを回復する。数字×最大HP。自分のターンに効果は消滅する。

逆にHP回復スキルの効果を受けるとその分HPが減少する。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

<少ドラはポイントタウンからゲソてんで遊ぶのがお得>

少ドラ遊ぶならゲソてんが最もお得な理由

ポイントサイトで有償オーブを無料で稼ぐ
-裏技ではなく大真面目な方法です-

再生
各ターン毎にHPが回復する。
再生 7、8%程度回復
再生強 15%程度回復
(正確な数値ではありません見た感じです、すみません)

紫電
自分を含め味方が麻痺状態になった時、その麻痺を吸い取りクイックに変換し複数回行動出来る。

シンクロ
攻撃を受け状態異常になった時、相手にも同じ状態異常を付与する。例えば石化した場合、石化攻撃を仕掛けた相手も石化すると言う事。

先制
スピード値に関係なく、必ず最初に行動できる。
よって1人しかいなければ、どんなに遅いキャラでも最初に行動する。

先制持ちが複数いる場合は、スピード順に先制が発動する。

全体通常攻撃
通常攻撃は普通単体にしか当たらないが、この特殊能力を所持していると、全員にダメージを与える。

創世の契り
創世の3兵器のみが所有する特殊能力で自身のターンが回ってくる度に、クールタイムを短縮する。

創世の契り3なら、自動的に自身のクールタイムが3ターン短縮となる。

属性バリア
ゲーム初期の頃、神話クエスト「ガイア」で苦しんだあれ。
有利属性に対しては被ダメージが0.5倍、不利属性に対しては被ダメージが1.5倍、にそれぞれなる

属性は5種類しかないので有利が4、不利が1の状態となります。
但し、打消しで消す事も可能(次ターンで張りなおす)ですし、現状、自パーティーに属性バリア持ちを敢えていれるメリットは少ない。

追撃
相手を落とした(倒した)時に確定で、もう一度行動出来る。
3回、4回と連続行動する事も可能。但し、1の祝福や蘇生などで蘇った場合は発動しません。

闘争本能
ダメージを受けると一定の確率で、自身のクールタイムが短縮する。

攻撃ダメージだけでなく、味方の自傷、他傷もなど全ての被ダメージで発生する可能性がある。

例えば連撃を食らった場合、一撃ごとに発生する事もあるので、一瞬でクールタイムが消化されFSが使えるようになったりする。

闘争本能には「弱」「強」「極」がある。

2回行動
自ターンが回ってきた時に、2回連続行動する特殊能力。「弱」「強」「極」「確定」の4段階ある。

反撃
攻撃を受けた時に一定の確率で反撃して、ダメージを与える。但し発生するのは通常攻撃に対してのみで、FS攻撃には発生しない。

飛行
対地攻撃に対する被ダメージが0になる。特殊能力に「飛行」と書いてない限りは、飛んでるように見えても、飛行ではないので、ご注意を。

ファランクス
自身のターンが回ってくる度に、味方全体のHPと同じ量のバリアを張る。

ファランクスが壊れるまで全ての被ダメは無効だが、打消しは可能。

ボルテージ
自ターンが回ってくる度に攻撃力が20%アップする。

最大10ターンまで上昇するので、200%アップが最高。(該当ユニットは戦闘時にメーターが表示されます)

但し、WAVEが次に移ると0に戻る。攻撃能力値を低く抑えてあるキャラが所持している事が多いので、クイックなどとの併用がカギとなります。

ラッシュ
自ターンが回ってくる度にスピードが20%アップする。

最大10ターンまで上昇するので、200%アップが最高。但し、WAVEが次に移ると0に戻る。

ボルテージと同じく、クイックなどとの併用がカギとなります。

リバース
様々なバフを受けた時に効果が反転します。

例えばスピ30%ダウンのデバフをかけられるとスピ30%UPになり、逆にスピ30%アップのバフを付与するとスピ30%ダウンになります。

天候スキルでのバフデバフはリバースの対象になりません。

燐光の盾
被ダメージを盾に書いてある数値に抑える。

燐光の盾500なら攻撃力10万の攻撃やデスを受けても被ダメージは500、但し打ち消しで剥がす事は可能。

連撃
通常攻撃で連撃を自動で仕掛ける。特殊能力に連撃6と書いてあれば、通常攻撃で6連撃します。

1の祝福削りには便利だが、闘争本能持ちの相手にだと逆にイタイ目を見る事もあります。(一瞬でFS回復される)

有償オーブを無料で稼ぐ方法
-裏技ではなく大真面目な方法です-

「少女とドラゴン~幻獣クリプトラクト0から攻略」目次へ戻る

© 2021 修行の道