クレジットカード発行とポイントサイト

投稿日:2018年4月30日 更新日:

お小遣いサイトの情報を紹介していますと、どうしてもクレジットカード案件の話題が多くなります。

そこで利用者が勘違い&失敗しないように、
ポイントサイト通してクレカ発行する時の注意事項
をタイプ別にまとめました。

ポイント付与額だけで決めない

クレジットカード作るだけで1万円貰える!(正確には1万円分のポイント)
(以下「〇円分のポイント」は略します、現金交換するとして円で表記します)
お小遣いサイトを通せば1万円貰える、直接クレカのサイトから作れば0円、どちらが得かは一目瞭然です。

それ自体は正しいです。
現にお小遣いサイトを知ってから、私もクレジットカードは全てポイントサイトを通して発行しています。

但し、個人的にはクレジットカードの使用頻度が低い方ですので、年会費無料のカードしか作っていないのが現状です。

ところがこの方法がベターなわけではありません。
ご自身が継続して使っていくカードでしたら、年会費ありでもと言うか年会費ありの方が実質得になる場合も多くあります。

以下の項目でどのタイプにあてはまるか、ご確認下さい。

クレカは使っていない もしくは持っていない

このタイプの方は、ポイントサイト通してクレジットカード発行する場合「完全無料型」以外には手を出さない方がいいでしょう。

発行は無料、もちろん年会費も無料、全て無料のタイプです。
まずは完全無料のクレジットカード案件に申し込み、実際使うようになるか試してみましょう。

キャッシュレス決済の時代に突入していますので、年会費無料のクレジットカードを所持して得になる事はあっても損になる事はありません。

ポイントサイトの条件確認が重要

申し込む前に必ず該当ポイントサイトに掲載されている「ポイント獲得条件と詳細」を確認して下さい。

同じ年会費無料のクレジットカードの場合でもポイント付与条件が2通りに分かれます。(細かく分けると3通り後述します)

カード発行完了でポイント付与

申し込んだクレジットカードが発行完了すればポイントが貰えるタイプです。
ポイントサイトから付与されるポイントは、全額利益となります。

カード利用でポイント付与

ポイント獲得条件に
「発行完了後、翌月末までに〇円以上のカード利用」
と記載してあれば、その条件をクリアしないとポイントは貰えません。

例えば付与ポイントが5000円としましょう。
ポイント獲得条件に「翌月末までに3000円以上のカード利用」と記載してあれば、実質2000円の利益と言う事になります。

但し、発行されたカードを使わなかった場合は一切ポイント貰えません。
使わないカードを発行しても無意味となるので、注意しましょう。

クレカを所持していて一応使っている

詳しい知識はないけど、何となく使ってはいる。
ネットショッピング又は、公共料金や電話料金などクレジットカードで支払い&引き落としている。

このタイプの方ですと「年会費あり」のカードでも作る価値がある場合もあります。

当然ですがこの年会費とはカード会社に支払うもので、ポイントサイトとは関係ありません。

年会費があるクレジットカードは、ポイントサイトからのポイント付与額も大量で魅力があります。

利用金額で年会費無料になるカード

初年度年会費無料、翌年度より年会費〇円、但し年間〇円以上利用で無料。
又、金額ではなく利用回数で無料になるタイプもあります。

利用金額や利用回数で年会費が無料になる条件でしたら、内容をクレジットカード発行するWEBサイトで確認しましょう。

ポイントサイトではなく、クレカ発行のサイトに記載されていますのでご注意を。

条件確認後、クリア出来そうな内容ならポイントサイトを通してカードを発行しましょう。

クリア出来そうもなく年会費を支払う事になりそうなら、発行は控えましょう。

ポイントサイトから貰えるポイントに目がくらみ、翌年から毎年年会費を払いカードは使わないでは無意味になります。

利用金額で必ずプラスになる

年会費が無料になる事はないが、一定利用金額を超えると結果的にプラス。
このタイプのクレジットカードですと一般人の場合、メイン中のメインとして使えるかどうかです。

ポイントサイトで貰えるポイントもビックリ高額ですが、トータルでプラスにするのも簡単ではありません。

年会費ありのカードを作る分岐点

・発行後、自動引き落としなどを含めてメインカードとして利用する
・お買い物などで適当に使っていてもプラスになりそうだ
最低でもこのどちらかはクリアしていなければ、嬉しいのはポイント貰った時だけで、数年単位で見れば赤字です。

年会費を払う価値があるか
ポイ活女子
年会費無料のカードが幾らでもあるのに、有料のカードを作る意味が分からないです。

なるほど、ところがヘビーユーザーさんは必ず得になります。
年会費有料のカードは同タイプの無料型に比べて、貰える基礎ポイント(カード会社から貰うポイントの事)が、圧倒的に多いですし、付帯サービスも多く付きます。

カード名は個別に出しませんが例を書きますと、
:年会費1万円
:特定会社の携帯(スマホ)月額利用料金の10%ポイント付与

ポイ活女子
年会費1万円!その時点で無理です。

高いですよね、ですが一定の金額を超えるなら年会費以上のお得になるのです。

先程のカードを例に挙げると毎月スマホ代で計約1万円支払っているとします。
→毎月1000円分のポイントが付きます(毎月1万円と仮定します)。
→1年間で12000円分のポイントが自動で貰えています。
→年会費の1万円をポイントから払います。
→差額の2000円分が得となります。

ポイ活女子
えっ、1万円年会費払って12000円戻ってくるって意味ですよね?

そうです、毎月のスマホ料金をこのカード払いにするだけで2000円のお得です。

ポイ活女子
それなら全員がそのクレジットカード作るのでは?

そこ、慌てないで下さい。
・該当するキャリアのスマホを使っている
・毎月約1万円は利用している
この2条件をクリアしなければ、そこまでのポイントは貰えません。

条件をクリアすると年会費あるカードの方が得になるとはこういう事です。

たまたま分かり易い例を挙げましたが、ショッピング、給油、飛行機、旅行、コンビニなどカードにより得意分野は異なります。

ですから年会費を払う事で何がお得になるのか、年会費が帳消しになるぐらい実際利用するかをカード会社のWEBサイトで確認しましょう。

年会費有料のカードは他でもポイント付く条件が多かったり、付帯サービスの充実度は年会費無料型とは比較になりません。

ポイ活女子
分かりました、慌てんぼうなのでしっかり確認します。

スマホの例のように、年会費より得になるか計算してみましょう。

もう一度繰り返しますが、
・自動引き落としなどを含めてメインカードとして利用する
・お買い物などで適当に使っていてもプラスになりそうだ
このどちらかの条件をクリアしていれば、年会費有料のクレジットカードを発行する価値があります。

カードによってはポイントサイトからの付与ポイントが、2万円を越えるものまであります。

クレジットカードの所有枚数

ポイントサイトから貰えるポイントの事は除外して、純粋にクレジットカードについて書きます。

余程の大金持ちの方以外は、
「年会費あり1枚」「年会費無料型2~3枚」
が使いこなせる限度でしょう。

年会費ありクレカを2枚以上所有する方は「年収を人に自慢出来る」ぐらいじゃないと結局、無駄と言うか損になるだけです。

年会費無料型は何枚所持していても0円ですから問題はありませんが、使いこなすとなると2,3枚が精一杯です。

最初に書いた通り私はメインカードも年会費無料型で、余り使っていません。
他に楽天カード、Yahoo!Japanカード、dカードを所持していて、それぞれ楽天系、ヤフー系、dショッピング系で買い物する時に分けて使っています。

ネット通販は頻繁に利用するので、この3枚が逆にメインカードと言えるかもしれません。

クレジットカードとポイントサイトまとめ

最後にポイントサイトから貰うポイントとクレカ活用の兼ね合いです。

1、ポイント付与額だけで飛び付かない
高額ポイントに目がくらみ即申し込むのは、その時点でアウトです。

2、確認する事が大きく分けて2種類ある
「ポイントサイト」が表示説明しているポイント獲得条件、
「クレジットカード会社」が表示説明しているクレジットカードの内容、
この2つは必ずシッカリ確認しながら読みましょう。

例:ポイントサイトに記載されている主なポイント獲得条件
・初回発行である事以外は条件無し(無条件型)
・申し込み時にキャッシング枠を設置する(キャッシング枠型)
・カード発行後、翌月末までに〇円以上のカード利用(利用型)

この3パターンが殆どでキャッシング枠の設置は使わなければいいだけです。
私もキャッシング枠設置条件で発行しましたが、使った事はありません。

1、ご注意!
重要な補足説明です。
クレジットカードが正常に発行されたのにポイント貰えなかった!
で、よくあるパターン1です。
「キャッシング枠を設置しなかった」のが原因。
クレカカード会社はポイントサイトと直接関係ないので、
カードは正常に発行されます(キャッシング枠無しのカード)。

但し、ポイントサイトの「ポイント獲得条件」に「キャッシング枠の設置」となっていれば、ポイントは貰えません。

クレカ会社の責任でもないし、ポイントサイトの責任でもありません。
自己責任で御座います 😳 。

2、ご注意!
クレジットカードが正常に発行されたのにポイント貰えなかった!
でよくあるパターン2です。
年会費無料と書いてあるから申し込んだ、いつになってもポイント付かない。
「翌月末までに〇円以上のカード利用」をクリアしていないからです。

この条件はポイントサイト側の設定なのに、クレカの会社にクレームを入れちゃう方もいるようです。

内容を理解していない、もしくは全く読んでいない、(目先の貰えるポイントだけ見ている)タイプの方に起きやすいです。

・クレジットカード会社のカード内容説明
年会費の有無
何に利用するとお得になるか
付帯サービスの確認

この3点の確認は、ポイントサイトではなく、クレジットカード会社のWEBサイトで確認です。

年会費無料、年会費永年無料と書いてあればその通り無料です。
「年会費初年度無料」と書いてあれば、翌年度より年会費があります。
最低限ここは確認しましょう。

付帯サービスは、年会費ありのカード発行でしたら必ず確認した方がいいです。
年会費無料型でしたら余り気にする必要はないでしょう。

説明は以上となります。
「ポイントサイトで確認する事」と「クレカ会社のWEBサイトで確認する事」は
それぞれ別にあると、ご理解頂けたと思います。

おまけ

ポイントサイトによく表示されている、
「○○ポイント+○○ポイントで合計10000円分のポイントGET!」
ですが、片方はクレジット会社から付与されるポイントです。

〇では分かりにくいので、
ポイントサイトを「修行の道」(ここのサイト名)、
クレジットカードを「ヤホホーカード」(架空)
とします。

修行の道5000ポイント+ヤホホーポイント5000で実質10000円分のポイントGET!
これは、ポイントサイト修行の道から貰えるのは5000円分で、残りはヤホーカードから付与されるポイントで全く別物です。

よって、ポイント付与額を比較する時は「ポイントサイトから貰えるポイント」だけで比較しましょう。

ポイントサイト通してクレジットカードを発行する事に、何の問題もありません。
私自身、ポイントサイト通してクレカを申し込み&発行しますが、トラブルはポイントサイト&クレジットカード会社どちらもゼロです。

少しでもこの記事が参考になれば幸いです、閲覧頂きありがとうございました。

ポイントサイト活用術目次に戻る

Copyright© 修行の道 , 2020 All Rights Reserved.